2007年11月14日

相場に対して準備をする人、しない人

相場に対して準備をする人、しない人


先週末から、円相場に大きな下落が起きています。

8月に起きたアメリカのサブプライム問題による暴落が
フラッシュバックされてしまうような、そんな相場の展開
の仕方です。
この相場の中で、どう行動していけばいいのか、
何を見ていかなければいけないのか、私の投資のメンター
である松下誠さんは下記のように言っています。
FX投資をしている人にとって、大きな正念場でも
あります。
FX投資で利益を上げたい人は
今日の松下さんのコメントは確実にチェックして
おいて下さい。
===以下 松下誠さんのメルマガより=====
先週末から、大きく相場が揺れ動いています。
利益も損失も大きく出やすい相場の展開が起きています。
スワップ金利狙いで円相場の【買い】を入れている人は
損が拡大する前に、決断をしておかなければいけない
状況ともいえます。
今すぐに決済しないまでも、いくらまで下落したら
手放すという値段を決めておかなければいけないです。
今、いくらまでという限界を設定しておかなければ
もし、その限界の値位置まで相場が下落してしまった時にも
行動ができずに、ずるずると資金を全部失ってしまう
危険があるからです。
もちろん値位置を戻す可能性がないわけではありませんが、
大切な事は資金を守ることが一番大切です。
すべての資金を失ってしまったら、二度と相場に戻って
来る事は出来なくなるからです。
今、相場の流れに対応して、利益を伸ばしている人は
そのまま相場の流れに合わせて利益を増やしていけば
いいでしょう。
利食いのタイミングさえ集中していれば、大きな
利益を取っていく事ができます。
今、買ってもいないし、売ってもいない人が
相場に入るとしたらどうでしょうか?
今から相場に参加して利益を取る事ができるでしょうか?
残念ながら今から相場に飛び乗って利益を上げるには
簡単ではありません。
相場に飛び乗ったとして、損切をしっかりと設定できているか?
どこの値位置に設定すればいいか?
いつ利食いをすればいいか明確な判断材料があるか?
どういうサインが出たら、撤退しなきゃいけないか?
といった事に明確な答え、もしくは判断材料となる
ものを持っている人、想定しておかないといけない事
それらが全部準備されている人しか、今の相場で売って
いっても利益は上げられないからです。
それらの判断の明確な基準を持たない人が下落の勢いが
激しいからという理由で、慌てて行動したからと言って
利益は上がらないんです。
今の相場は、実は数週間前からしっかりと準備を
していて、数日前に売っていた人達だけです。
投資を始めて、すぐの人がなんとなく売りで利益を
上げられるといった簡単な相場展開ではないんです。
いつもセミナーやメルマガでも同じ事を言っていますが、
相場ではいつも同じ事が繰り返されています。
だから相場に現れる日々のサインに合わせて、行動を
乗せていくことが出来る投資スLルを日々磨いている人
は大きく利益を伸ばす事が出来ています。
投資を始めて、まだ経験の浅い人や、相場には長くいるけど、
投資スキルをしっかりと身につけていない人は日々損失を
重ねています。
見ている相場は同じです。
取引をしている相場も同じです。
でもそこには、全く次元の違う世界があるんです。
日々、1つ1つ学んできた人、実践してきた人だけが
その次元の投資ができ、利益を上げて積上げています。
その違いは、実際に学び始めなければ分かりません。
日々なんとなく相場を見て、売買しているだけでは
利益にはならないんです。
一歩一歩学んでいない人は毎回、大きな動きが起きる
たびに大きな損失を出してしまいます。
今年の8月にはサブプライムで大きく損失を出して
しまった人達はかなりいます。
でもその中で、奮起して8月から今までの相場展開の
中で、投資スキルを高めていた人は今、利益にしています。
でも、当分は来ないだろうと対処をしていなかった人は
残念ながら、サブプライム時と同様、今回の下落でも損失
を出してしまっています。
いつも相場に対して、準備が出来ている人だけが
利益を出します。
今から準備をし始める人は相場を判断するポイントを
知って下さい。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=1723
松下誠
PS
今の下落相場でもまだチャンスが終わったわけでは
ありません。
実は、ここから少なくとも2回チャンスが来る可能性を
見ています。
チャンスが来たときに、そのチャンスをモノにして、
さらにそれからの相場でしっかりと利益を積上げて
いきたい人は、レポート会員となって一緒に利益を
取っていきましょう。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=1723

2007年11月08日

バーチャルトレードの罠


バーチャルトレードの罠

 
松下誠
 
 
ここ最近FX投資がとても流行っていますが、FX投資を
初めてやっていくのに、スタート時期に重要な役割をしている
いるものがあります。
 
それはバーチャルトレードです。
 
バーチャルトレードとは、実際のお金で売買するのではなく、
架空のお金(つまりバーチャル)を使って、売買に慣れてもらう
という投資を初めてしようとする人にとって、投資に慣れ親しむ
のにとても重要なシステムです。
 
実際に初めて投資を行う前にバーチャルトレードを
する事はとても有効です。
 
ただ、そのバーチャルトレードが多くの損失を生み出している
隠れた事実が実際にあるので、そのバーチャルトレードに隠された
【落とし穴】についてお伝えしなければいけません。
 
実際の自己資金で投資をしている人にもとても参考になりますので
ぜひ参考にして下さい。
 
初心者の方々は実際その【落とし穴】に簡単にはまってしまいます。
 
バーチャルトレードでは最初から500万円とか1000万円とか
架空の投資資金を用意されていて、その元手を資金に売買をする
のですが、ほとんどの人は実際のお金で最初からそれだけの金額
を用意して投資をし始める人はいないと思います。
 
それでも業者がそれだけの架空の資金を用意してくれているので、
その金額に合わせた売買をします。
 
自然に1回の注文に使う金額も大きくなります。
そうすると、大きな利益も損失も簡単にでます。
 
損失が出たときは実はラッキーです。
 
「投資というものは、こんなに簡単に大きな損失が出てしまうんだなー」
 
怖い世界だからしっかりと学んで、確実に実践していこうと
思いちゃんと学ばないとと思えるからです。
 
でも不幸な事に、大きな利益が出てしまうと、投資を甘く、軽く
見始めます。簡単に100万円、200万円儲けた!!
 
これが実際のお金だったとしたら・・・。
無意識のうちに想像してしまって、実際の資金で投資をしたくなって
うずうずしだします。
 
1回2回ではなく、それが5回、6回続いて、資金があっという間に
倍になったらどうでしょうか?
 
500万円の架空の資金が1ヶ月で1000万円になったとしたら?
たった一度のミスも犯さずにそうなったらどうでしょうか?
 
「投資は簡単!」って思って、すぐに自己窓烽ナ投資を
し始めてしまいます。
 
そうすると、感覚がおかしくなったまま投資を始めてしまいます。
 
たとえ100万円(バーチャルの5分の1の金額)で始めたとして、バーチャル
の時と同じ金額の注文をしないまでも、1回の注文で数十万は欲しいとか、
1ヶ月に100万の利益でなくてもいいけど、50万くらいは欲しいなって
思うようになります。
(50万という大金を簡単に手に入るお金と錯覚してしまいます)
 
そうすると1回の注文にかける金額も自然に大きくなります。
そして、“含み損”が出たときも、損をだしてしまうと、資金が減るので、
しばらく待っていたら、戻ってくるだろうから、損失を確定せずに、損を
ほっておいたりしてしまいます。
 
結果として、大きな損を抱えてしまいます。
 
資金サイズの大きな取引は大きな利益も生みますが、それと逆に
大きな損失も出る可能性があります。
 
 
当たり前のことのように思いますが、投資を始めるときの人の
頭の中には、
 
「儲かる事しかありません。」
儲かると思うから投資をします。
損失をしっかりと見ていません。
 
ですが、まずは損しない事が大切です。
 
バーチャル投資には、感覚が麻痺してしまう危険性があります。
 
バーチャル投資には、資金サイズを大きくしすぎてしまう危険性
があります。
 
バーチャル投資には、実際の投資ではもっとも重要な“感情のコントロール”
について学ぶ事はできません。
 
バーチャル投資で学べる事は下記の4つです。
 
1、業者の売買取引システムになれる事ができる
2、チャート画面に慣れる事ができる
3、注文方法に慣れる事ができる
4、1万通貨で1円上昇したら、どれだけの利益がでるのか、
   そういった利益幅の感覚を身につけることができる。
 
もう少しあるかもしれませんが、大体こんな程度です。
利益を上げるための大切なものはバーチャル投資では
学べません。
 
バーチャル投資で覚えられる事の限界を知った上で、バーチャル
から学ぶ事はとても有効です。
 
実際に、売買システムの注文方法に慣れておかないと、【買い注文】
をしたつもりが、【売り注文】をしていたり、ストップを入れて
いるつもりが入っていなくて大損してしまったりという、ムダな
損失を出してしまう事が現実にあります。
 
自分の思っていた投資と違う注文したからと言って
「今の間違い、やっぱりナシ!!取り消して!」
 
なんて事は通用しません。
 
どこのFX業者を使ってもいいと思いますが、
業者の取引システムにはしっかりと慣れておいてください。
 
バーチャル投資について書いてきましたが、1回の注文に
かける資金が大きすぎるというのはほとんどの投資家に
共通します。
 
<p class="style3">ほとんどの人はリスクを取りすぎています。
 
リスクを抑えて、大きなリターンを得るというのが、投資の王道です。
 
 
王道は一番確実で、洗礼されていて、誰にでも利益を上げられる
手法です。(わざと王道から道をそれて自分流の投資をしようと
する人がいますが、痛い思いをして終わるのがほとんどです)
 
 
松下誠の投資法はリスクを最小限に抑えて、大きなリターンを
得る王道スタイルです。だから1回にかける資金サイズもすべて小さく
何度でもやり直しがききます。そして利益は最大限とっていきます。
 
 
損失も利益も大きい。もしくは、損失は大きく利益が小さい
投資をしている人は、まずは王道の投資を実践してみてください。
 
 
松下誠
福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、
個人投資家として投資はじめる。開始から2年で個人資産1500万円
を失うも、その後、簡単な利益の上げ方を発見し、それから、利益を
上げ続ける。現在は投資家として独立。彼の、感情コントロール法”や
“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益を
あげるようになっている。現在、投資スキルを身につける有料会員
サービスも行っており、現在1300名以上の個人投資家が参加している。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=1723
 

2007年11月03日

チャンスが見えている人、見えていない人

チャンスが見えている人、見えていない人

 
松下誠
 
 
相場の流れが変わるとき、また相場の値動きが大きいとき、
あらかじめどう行動していいのか準備ができていない人は何が
起きたのか分からず、それまで上げていた利益を短期間で失う、
もしくは損失を膨らませてしまいます。
 
「急激な下落または調整が●●日〜●●日の間に起きるかも」
 
という程度のシナリオでも立てていれば、実際にその間に
下落が起きれば行動に移す事ができます。
 
何も準備をしていないと、ただ、ただ失う事になります。
そしてFX相場であれ、株式相場であれ、商品先物相場で
相場はいつもこの事を繰り返します。
 
毎日相場を見て、「なんか買えそうなものないかなー」
「なんか売れそうなものないかなー」 とただ、ぼーと
眺めて、チャンスを伺っても何も見えてきません。
 
相場には、日常チャンスが転がっています。
つまりチャンスがないのではなく、チャンスが見えて
こないだけです。
 
数日前にチャートを見てみても、それは明らかです。
 
数日前のこのポイントで買えてたら、もしくは売れて
いたら・・・という箇所はいくらでもあります。
 
でも、買えない。
でも、売れない。
 
後からはいくらでも気づきますが、
その時は気づかないんですね。
 
なぜでしょう?
 
チャンスとはシナリオを立てる事にあるからです。
 
自分に質問します。
 
「今のドル/円はここからどう動く?」
 
そして、2つ、3つのパターンを想定してみます。
 
利益が出やすいシナリオと利益が出にくいシナリオ
その両方です。(もちろん過去の相場から検証して
起こりうる可能性の高い展開を想定します)
 
先日も私は書きました。
=====================
円相場が今、調整をしようとしているだけなのか。
それとも転換していくところなのか。
注目します。
=====================
とい、ようにです。
 
目の前で下落が起きていて、その下落がどういうもの
なのかを、これから判断しなければいけないからです。
 
でなければ行動はできません。
何もしないというのも行動ですから。
 
もちろん想定したシナリオが間違える事はあります。
100%シナリオどおりにいく事なんている訳が
ありません。
 
そんな事できる人はプロの投資家の中でも1人もいません。
 
でも勝てるんです。
それが投資です。
自分がトータルで勝てるシナリオさえ作ってしまえばいいんです。
それが投資の勝ち方なんです。
 
 
そのためには、
利益が出るシナリオを立てられるように判断材料を
確立して、実践していけるようにならなければ、いけません。
 
 
勝率を高める事は重要な事ですが、それはあくまでも
シナリオを立てられるようになってからの話です。
 
どうシナリオを立てていいのか、その判断の材料が
まったくないという人は、損失を膨らませて投資資金を
失う前に、 投資のスキルを身につけなければ相場から
利益を得る事はできない。
 
 
松下誠
 福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、個人投資家として、投資はじめる。開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その 後、簡単な利益の上げ方を発見し、それから、利益を上げ続ける。現在は投資家として独立。彼の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を 受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっている。現在、投資スキルを身につける有料会員サービスも行っており、現在1300名以上の個人投資家が参加している。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=1723
 
 

2007年10月20日

利食いのポイントは一歩後


■利食いのポイントは一歩後です。

 
 
松下 誠
 
 
よく質問で利食いのタイミング(売り時)が分からない
といわれます。
 
 
 
投資をしていているとずっと悩むポイントの1つかも知れませ。
 
 
せっかくの利益が出ていても、利食いのタイミングがずれて
しまうと、利益を大きく目減りさせてしまう事になるからです。
 
 
 
最大に上昇したまさに“そのポイント”で利食いができれば
苦労はないのですが、そんな事はほとんどできませんし、
そこにエネルギーを注ぐよりも、もっと他の事にエネルギーを
注いだ方がいいでしょう。
 
 
 
 
できるとしたら、最大限上昇する一歩前か、一歩後の利食いです。
それが最上の利食いポイントです。
 
 
 
オススメの楽で、現実的で、利益も安定して大きいのは、一歩後の
利食いです。一歩手前ではありません。
 
 
 
一歩手前は、いくつかの場合、利小にネってしまいます。
 
 
一歩手前で利食いをしようとするということは、最大限に
上昇するポイントと思って利食いをするわけですが、あくまでも
その最大限と思うポイントは自分の頭の中にある最大限であって、
現実の最大限のポイントではありません。
 
 
 
 
つまり自分の考えの範囲を出ることはありません。
 
 
 
でも流れが大きく一方的に動いたときには、自分の考えられる
範囲なんて大幅に飛び出して、たった一つのポジションが大きな
利益を生む事になることもよくあります。
 
 
 
 
一歩手前で利食いをしようとする場合は、そういう考え
以上の利益は出ないという事です。
 
 
 
一つ目のポイントとしては、最大限上昇したポイントから
少し下落したポイントという事です。
 
 
 
もう1つ利食いの重要なポイントは、1つの波のサイズを
利益にしていくのか、2つ3つ4つをまとめた大きな
アップを狙っていくかどうかです。
 
 
 
 
私の場合は、中長期の投資スタイルなので、少し大きな
波をいつも狙っています。
 
 
 
具体的には、数ヶ月続く上昇の波を狙って
利益を生み続ける投資をしています。
 
 
 
ただ大きなアップの波をとっていく場合は、途中で数日間から
数週間続く少し大きめの下落(調整)を経験する事になります。
 
 
 
 
売り時が分からないという人は、こういった“相場の流れ”
が全く見えていないか、そのアップがいつまで続くかという
“シナリオを想定”できていないか、あるいはその両方です。
 
 
 
波のサイズを知るという事は、すべての相場にあるアップと
ダウンの“周期”を知る事です。
 
 
 
これは、サイクル理論をしっかりと学ぶ事で見えてきます。
 
 
すべての相場に現れる波の周期を大きく捕らえて、投資を
する事は利食いのポイントを理解するだけじゃなく、いつどの
タイミングで新規に買いを入れればいいのか、波が崩れたら
損をしていても、すぐに撤退して相場から出てこなければ
ならないのかとか、
 
 
 
これまで、なんでここから下落が始まっているんだろう
と理解できなかった事が見え始めたりもします。
 
 
 
 
今、この相場でどういう状況になれば、危険なのか?
どういう状況がそろえば、安心して買っていくことが
できるのかも見えるようになります。
 
 
 
売り時が分からないというのは、そういった流れが
まったく見えていないから、毎日悩み、その場の勘で行動
してしまいます。
 
 
 
それでは、利益は安定して積み上げる事はできません。
 
 
相場の状況がいいときは、それでも利益を出せることが
ありますが、相場の流れが変わると途端に損失が続きます。
 
 
“波のサイズを知る”
 
利益を上げていき、損失を減らすのにはとても重要な事です。
ぜひ、心がけてください。
 
 
 
福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、
個人投資家として、投資はじめる。
開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、簡単な利益の
上げ方を発見し、それから、利益を上げ続ける。現在は投資家として独立。
彼の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた
個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっている。
現在、投資スキルを身につける 有料会員サービスも行っており、
現在1300名以上の個人投資家が参加している。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=1723
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。